6月13日(水) 火と動物と人類と・・・はい??

昔、世界名作劇場で「ふしぎな島のフローネ」という番組があった。

私は、世界名作劇場とともに大きくなった世代で~笑。
マルコの放映時代には3歳児で、マルコにそっくり!
フローネの放映時代には確か小学3年生で、髪型まで同じで似てると言われていた。
(フローネ、なにげにブサイクやねんけど(;^ω^))
さらにポリアンナの放映時代には中1で(まだ観てたんかいっ!)ピンクのつなぎにあの髪型をしてる写真があったりする、笑。
いやしかし、コスプレとかのアニメファンではなかったので・・・
一応、はい自分の名誉のために、爆。

フローネは~~、やっぱこのオープニングね♪「裸足のフローネ」
歌詞が始まる前の一瞬の前奏がたまらなく好き♪
http://page.freett.com/rikiisi/hadasi.html
歌詞がスラスラと出てきた、あなた。同じ世代?笑。
私は下手すると2番まで歌える、爆。
エンディングは「フローネの夢」
http://page.freett.com/rikiisi/f_yume.html
これは、挿入歌。これ知ってたらちょいとマニアック。さらにルーシーの「虹になりたい」に似てると思った人もマニア(  ̄ー ̄)*キラン
http://page.freett.com/rikiisi/kazeto.html

世界名作の話になるとついつい脱線してしまった(;^ω^)
さて「フローネ」の物語の中で何度かオオカミに襲われるようなシーンがあるんだけど、
たいまつのような火をもって追い払うのね。
私はそれでオオカミ(動物)は火を恐れるんだぁ~っと知ったわけだけど(この長いフリ、これが言いたかっただけ、爆)
我が家でも数ヶ月前にそれを実証する事件があった。

昨日の梨音のエビ事件のとき、朱里ぼんはどこへ居たかというと
事件が起こる前から、ベッドの下に隠れていたのだ。
数ヶ月前までは、今の梨音と同じように、朱里ぼんも料理中はそばで待機していた。

ところが、ある日(思えば、その日もたかちゃんが料理していた、汗)
フライパンにワインを注いでフランベした瞬間、たかちゃんも驚くような炎がボワ~ッ!!
そばに居た朱里ぼん、もうビックリ仰天で、ベッドの下に逃げ込んだ。

それから数ヶ月。いまだに彼のトラウマは解消されない、笑。
フライパンのジュージューが聞こえたら、そそくさとベッドの下に隠れる。
お肉の美味しい匂いにつられて~~出てこない、爆。
ジュージューが終わって、お皿に盛り付ける頃に、トコトコ出てくる姿がかわいい。

彼にとってはトラウマだが、まぁ邪魔にならないのと危なくないので良い習慣かと思い、そのままにしてる。

動物が火を恐れるのは本能的なものだと言われる。
火を使えるのは人類だけで、またそれは人類が進化して発展するために不可欠だった。
しかし、、、進化した人間は火を武器として用い、原子力まで作っちゃった(ノ∀`)アチャー
人が作り上げた、文化力で、自らを・・・この地球を滅ぼさないようにしなきゃならんな。

フローネから環境問題にまで脱線したとりとめもない日記になってしまった(;^ω^)
d0081541_20494833.jpg


by shurion | 2007-06-13 19:39 | 朱里&梨音&羽琉
line

いらっしゃいませ♪ コーギー2頭+オーストラリアンキャトルドッグ1頭と暮らす日々つれづれ


by shurion
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30