5月19日(土) JKC徳島ブロック(アジリティ編)

徳島までは2時間ほどで着くってことで、朝もゆっくりめで5時前に出発。
私の運転が原因で、プチ喧嘩。なんか朝から嫌な雰囲気、汗。

会場に7時頃到着。なんとか1度リンク脇にタープを建てることができた。
今日は4リンク。ビギナーと1度で2リンク。
この2リンク、進行がもたついていて、なかなかビギナーが終わらない。

時間があったので、AG2度も検分してみた。ん?2度にしてはイージー?
ってことは、1度はそれなりに1度らしい簡単なコースだといいんだけど。。。
やっと1度が設置されはじめた。スモールクラスはAGから。
障害が設置されていく。。。。。むむむ?

スタートはバー2本とその先にDWが直線に並べられてる。
数字の札が並べられる。
①バー②バー③DW あ~よかった、順当順当!と思ったのもつかの間、③札が左のソフトトンネルへ移動。なぬ~~~( ´Д`)σ)Д`)ァゥァゥ
その後はボックス~~しかも270度旋回付き!なんだこりゃヽ(`Д´)ノ

1度でボックスが登場するのには、もはや驚かなくなったけど・・・270度ってそりゃないよ。
しかもロングジャンプからの旋回で、旋回する付近にシーソー上りのトラップ付きときたもんだ!
ぬわぁ~~~(#`皿´)不安を通り越して、ちょいと怒りを感じてしまうワタクシ。
本来ならば、出されたコースを「いただきまぁ~す」と気持ちよく走りたいものだが(走れないケド、笑)。。。。後半は1度らしい素直なコースだったけどね。

なんでも、2度3度は審査員長のO先生のコースで、1度だけは違う先生が作ったらしい。
ここのところ、O先生のコースを重点的に練習してきたというのに((_(。(工)゜)ノドテッ!
d0081541_2064917.gif

検分開始。本番でスタート待てができるならば、②③でフロントしたいけど・・・梨音の場合、本番ではほぼ同時スタートなので、②③で私がフロントのポジションに入ろうとすれば、一瞬のうちにDWへドボンだよな。なので①付近で「コイッ」でソフトに送り込んでから、私がダッシュ。それでもソフトの右側へは間に合わないので、④⑤でリア。270度まわすとこは、どうもイメージがつかめないまま検分は終わった。⑦以降は、まぁ普通に走れば大丈夫か。

さてさて本番。やっぱ梨音はスタートは待てず、リードアウト3歩くらいで発進!
ソフトへは送り込めた。ハンドラー猛烈ダッシュ!(爆) 
⑦トンネルの吸い込まれることもなく④⑤のリアも成功!
ほんでね、、、シーソーに上がっちゃったぁ~。
シーソーへ上がる寸前に一瞬、梨音がこっちを見たような気がするのだが、、、
ピー!しゅーりょー。
今回も失格後もラストまで走ってよいらしく、、、後は走れた。
コンタクトは非常に微妙。がっつり停まれたのはシーソーのみ。
DWとAフレは練習であれだけビタッとツーオンツーオフで停まってくれるのに、
地面に降りてきてから停まろうとしてる。
まぁ、一応停まろうという意思があるのは認めよう。。。
動画はこちらhttp://shurion-room.com/20070519ag1.wmv
タープへ戻ってお弁当を食べた。
食べながら、やっぱりくやしくて涙がぁ~。頑張ったのにな~。
4月の大阪での競技会から1ヶ月、私の今回の競技会への思いも熱かったし、
梨音も練習にあんなにつきあってくれて頑張ってきてくれたのに。。。
と思うとわんさか涙が。
こういう時って、、、一人だったり友達と一緒だったりすると
「あ~失敗~~がはは~」となる気がするんだけど、たかちゃんが一緒だと、つい自分の弱い面が出てしまってすぐ泣いちゃうのダ。あかんのぉ。
でも、ハンドリングについてたくさんの方にダメ出しいただきました~。ありがたや~~。
それについてはまた後日。

気をとりなおして、お次はJP。
これまた、始まるまでに長すぎる空き時間。JPは簡単なコースだった。
d0081541_20101229.gif

「これ失格しちゃったら、大会出るのやめよっかなぁ~~」と思ったくらいだったのさ。
でもラージクラスを見ていると、③トンネルから出て④バーをオーバーランしている犬がチラホラ。もちろんラージでも小回りにターンしてる犬もいたけど・・・ここは梨音も気をつけなくっちゃ。と思った。
んが、、、スモールクラスが始まると、みんなトンネルから直角に曲がっているようにさえ見えた。「あ~スモールだと大丈夫なのね」と変な安堵感┐(´ー`)┌ヤレヤレ
で、本番は~~ハイ!皆さんのご期待通り(笑)ラージの数頭と同じラインを描いて④をオーバーランしましたよ~~。がっはっは。たぶんスモールクラスでこのミスをした犬は梨音だけだと思う(;・∀・)
呼び戻して、④を跳ばせたら、梨音はん大興奮で今度は⑤ロンジャンをオーバーラン。で、ここでもう競技を中断したほうがいいと判断(そんなに興奮してちゃ走れないんだよ~と)。
まだ失格になっていなかったので、ロンジャンを逆跳びさせて、終わらせた。

「どうぞ続けて走ってください」と言われたが、お断りして退場。梨音は「まだ走りたいモン」と跳び回っていたけど、無視。私が退場するときには、脚側位置でしょんぼりしているように見えた。そんな顔されたら、ちょっと悲しくなってしまうじゃないかっ!いやいや、これが梨音の魂胆なのさっ。反省しろ~~っ!(笑)

冗談はさておき、反省点がとても多かった。
まず、コースを見て、ガス抜きもそんなに必要ないかなと、競技前に走らせたりもしなかった。
それからスタート待ては、梨音は本番にしてはちゃんと待てていた。
なのに私は欲張ってさらにリードアウトした。結果、梨音はやや不安げに飛び出した。
苦手なことなのだから、もっと段階を考えてやるべきだった。

途中でやめてしまったことはどうだろう。。梨音のようなアジがやりたくてしょうがない犬にとって、中断=罰という図式は成り立つと思うが、今回の梨音は本当に罰を受けなきゃいけない状況だったのかどうかもわからなくなった。
興奮状態でハンドラーの指示を聞けなくなったのは梨音だが、それを引き起こしたのは私だ。
スタート待てのことも、もちろん梨音も悪いが、私はもっと悪い。情けなかった。

タープへ戻って、反省会。
たかちゃんがスタートのアドバイスをくれた。たかちゃんの言ってくれていることは、今までも試行錯誤しながら~のことだったけれど、せっかくのアドバイスなので納得。
だが、そのあとが悪かった。
「こっちゃんのって、こんなんやんっ!」と私の真似をしたのが、かなりふざけていて、しゅりおん姉、一気にヒートアップ!
「なんでそんなこと言うねん!!」涙じょんじょろじょ~でたかちゃんを殴りまくって大喧嘩。今思うと???なんだけど、あのときはどうかしていた。
翌日の訓練競技会も棄権して、今すぐ帰りたいと思い・・・・途中でお友達としゃべったりして、少し熱を冷ましてタープへ戻った。つまらない痴話喧嘩でピーピー泣いて、お騒がせしてしまいまして、すみませ~ん(*_ _)人
タープへ戻って、心の広いたかちゃんのおかげさまで、仲直り。

皆さんの表彰を見てから、ホテルへ向かった。
北陸のくりみかん家とあずみ家と夕食をご一緒することとなった。
たかちゃんてば実はこのために(みかん父と飲むために)徳島へ来たかったに違いない(笑)
「活魚水産」という居酒屋へ行った。料理はとても美味しかった。
馬頭ハゲの刺身はなかなかだった。肝もついていて、それがとても美味しかった。
お醤油に溶かして肝醤油にして刺身をつけるらしいけど、貧乏性の私は、醤油に溶かすなんてもったいなくて、そのまま食べてた(笑)。阿波尾鶏も食べたし~犬話・アジ話に花が咲き、大大満足の夕食だった。
d0081541_20212190.jpg


by shurion | 2007-05-19 19:59 | アジリティ
line

いらっしゃいませ♪ コーギー2頭+オーストラリアンキャトルドッグ1頭と暮らす日々つれづれ


by shurion
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30