1月12日(金) U人先生セミナー

U人先生のセミナーを受講してきました。
前回は11月にセミナーを受けたのですが、その時の課題(スラロームとタッチの強化)を消化できておらず、今の状態で受講することに不安を覚えましたが、それでもきっとまた得るものがあるだろうという気持ちで行って参りました。

まずはビギナーコースとそれにスラロームが入ったコースで足ならし。
d0081541_21545872.gif

スタートのハンドラーの立ち位置について、私も皆さんと同じように1本目と2本目のバーの間に立っていたのですが、その後の走りがギクシャク・・・。スタートポジションは、前に行かず、サイドスペースを空けるようにとのことで、横に離れてスタートすると、とてもスムーズに走れました。
サイドスペースを空けて同時スタートというのは今まで私の脳みそには無かったので、とても新鮮でした。
d0081541_224392.gif

⑤⑥間、⑧⑨間でフロントスイッチ。
このコースを使って、亀の甲シーケンスでリアとフロントのトレーニングをやりました。
フロントスイッチでは、自分の犬との、より正確なポジションをとること・スイッチした後の1歩の出し方などを学びました。

それからスラロームの練習。今日は右つきも左つきもうまくいった~っ!
イエーイ♪♪v(⌒o⌒)v♪♪前回のセミナーよりは進歩か?!練習の成果よっ!ぐふふ(*^-^)と思ったのもつかの間、梨音は「まだスラローム単体が強化できてないグループ」に入れられてしもた。あららら~~、バレたか?笑
それでも、あんなに苦手だった犬右のスラローム、少しずつ良くなってきてます。
「あともう少しで固定されます!!」とのお言葉をいただきました。
ここが大事な時だから頑張ろう!

d0081541_2212167.gif

d0081541_22222066.gif

これはおもしろかったです。
③→④を内側・外側のどちらで廻すか、また④→⑤→⑥をどう処理するかで、それぞれタイムを計りました。
梨音はすべて外側を回すパターンで走りました。(上の図)④を跳んだ後、素早く⑤の表側でフロントを入れました。2走目は内側を廻すパターンで走ってみたのですが、結局、何度やっても梨音と私は内側に呼び込むパターンは成功できず、タイムの検証は出来なかったのですが、その犬の持つスピードによって、どう廻すのが一番速いかの結果が変わるのではないでしょうか。それにしても・・・・ハンドラー側に呼んで内側を廻すパターンがこんなに弱いとは(^▽^;)また課題がひとつ出来ました。ほんと課題には不自由しない私達、笑。

午後からは、出ました!タッチのトレーニング。
d0081541_2242310.gif

タッチのトレーニングのコース。実はこのコースをセミナーで走るのは今日で3度目(3日目)だったりするわけで(笑)検分しなくてもコース覚えちゃってるくらいなんですけど・・・
それなのにいまだにタッチが停まれないってアイタタタだなぁ。。。な~んて思ってるうちに梨音の順番が回ってきた。
姉「あの~~まだタッチが染み込んで(固定して)ませんが、リード着けて走った方がいいですか?」
(T.T )( T.T)おろおろ
先生「とりあえずリード外して走ってみて」
......\( ><)シぎょぇぇぇ 走るんですかっ?タッチ跳びますよっ!ぶっ飛びますよ~~っ
スタート。
そして⑦Aフレ
。。。。。。 (*゜ロ゜)ノミ☆
と、とまった。。。それもダダダダピタッと!
U人先生「早く褒めて!褒めて!何してんの?」
姉「梨音がと、とまってるんですけど。」
センセ「だから早く褒めてやって」
あまりにびっくらこいて、感激のあまりほんまに声が出なかった。
続く⑩DW・⑬シーソ・⑯DW・⑳Aフレとすべてダダピタっ!と止まり、はじめのAフレがマグレでは無かったとやっと確信できた。
梨音はん、いつの間に・・・出来るようになったの?!年明けからタッチの練習はしていたけれど、リードは一切離さずやっていたので、その成果だろうか。それにしても練習でも他の障害とつなげたことはなく、ましてやコースでタッチを止まれたことがとても嬉しかった。
左付き、右付き、タッチ障害前のフロント、リアなど様々なパターンでトレーニング。
梨音が右を走るとまだタッチが弱いのだが、また同じ方法で練習するようにとのことでした。
北海道のセミナーで知り合ったお友達が
「おかーさん、ほんとに頑張ったね~~」と言ってくださった。
北海道での、真っ直ぐにしか走れない&スラロームもできない&タッチはぶっ飛び~の梨音を知っている方だったので、その言葉はとても嬉しかった。

練習すれば梨音にも出来るんだなぁと実感しました。
「梨音のアジ犬生で今日が一番タッチが止まれる日だったりして・・・(笑)」「止まれたのはU人先生のオーラなのかも。。。。」な~んて不安もよぎるのではありますが(笑)AG復活の光も見えてきました。
今日もとても充実したセミナーでした。
U人先生、そしてシャインフットの岡部先生はじめ、同教室の皆さま、大変お世話になり本当にありがとうございました。

by shurion | 2007-01-12 23:15 | アジリティ
line

いらっしゃいませ♪ コーギー2頭+オーストラリアンキャトルドッグ1頭と暮らす日々つれづれ


by shurion
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30