11月21日(火) U人先生セミナー

昨日までの、お祭り騒ぎ?オフ会&撮影会から、脳内をシフトして、
アジリティセミナーを受講してきました。

U人先生にお会いするのは、夏の北海道以来。

あのときよりは、、、少しは成長しているんだろうか、、、、わたしと梨音はん。
北海道から帰ってからというもの、暑かった夏も、この秋も、
時間が許すかぎり精一杯練習してきたつもり。

この日はプライベートセミナーということで、セミナーを受講したのは、私を含め6人。
みっちりと、とても充実したセミナーでした。

まずはスラローム。
最近では、ようやく右サイドもなんとか出来るかな?という感じですが、やはり、スラ初期に左サイドばかりを練習していたツケはまわってきたか・・・といった感じ。
左サイドはこなせるものの、右サイドだと抜けてしまうことが多く、
先生「私なら、はじめからやりなおすワ」
とのお言葉をいただきました。
ココまで来たら、何を言われてもへこたれはしませ~~んとも!

右サイドは、北海道へ行く前、まったくまったく出来なくて、受講したK先生にもやはり
「左サイドを初めて教えた時の方法まで戻ってやり直してください」とのアドバイスを受け、やっとこ出来るようになった?と思い込んでいたけど、甘かったようだ。
よい形をしっかりと習慣化できるよう、練習を頑張ろう。
スラの入り口への角度をつけていく方法や、ハンドラーが離れた位置でのスラロームのエントリーなど、いろいろなトレーニングを教わりました。
段階を踏んで頑張っていこうと思います。

お次はタッチもの。
こちらも、タッチを理解させることから、習慣として犬に染み込ませることが大切!
トレーニングは必ず、同じ手順で。
梨音の場合、Aフレはまだ跳ぶことが多く(というか理解できていない)、理想の「ダダダダーーーピタッ」には程遠い。「最高スピードを保ちながらもタッチで停まれる」という形を作っていかなければならない。
その方法や、ハンドラーの立ち位置、姿勢など、細かく教わった。
梨音は、まだ「リードつき」で物理的に停めてやり、犬に理解させていく段階なのだそうです。
ごもっとも。。。。
でも、タッチの単品練習は、今までかなりの回数をこなしてきて、いまだ出来ずにいる。
なので、先生に聞いてみた。
姉「梨音にもほんとに染み込みますか?」
先生「しみこみます!!!」(キッパリ)
なんでも、意欲のある速い犬ほど、早く染み込むそうである。
「まぁ、ちょっと理解するのに時間がかかるかもしれないけどね」
??????
意欲とスピードはあるんですけどぉ。。。。
梨音はん、ちょっとオツムが弱いんじゃ。。。?
でも頑張ろう!必ずダダダダピタッを完成させたい。

このあと、「ドッグウォークはコースでも停まれるんです!!」
と言い切った私だが、直後に見事な跳びを披露してくれた梨音であった(。_゜)〃ドテッ!
一緒に受講したムーチャんは、今回2日目のセミナー受講だったけど、前に見たときより、ものすごく良くなっていた(*゜O゜)ノ スゴイッ!!!

午後からは、コース練習でした。
ビギナーは好タイムでPRできましたぁ(^O^)/
ラインのとり方や、スタートポジションについて、などなど。
ただ、私はラインを気にしすぎる感もあるので(北海道以来ラインを考えだしてからコースアウトせず走れるようになったもんだから~~)、あまり考えすぎないほうが良い場合もあるとのアドバイスでした。“〆( ̄  ̄*) イッパイメモメモ・・・

トレーニングのもっていきかた、考え方、コミュニケーションのとり方など、今回もたくさんのことを学びました。
今の自分の課題・目標がより明確になり、また練習が楽しくなりそうです。

ちなみに夏のセミナーで言われたこと、同じことは注意されなかったゾ。
ってことは、少しは進歩もしてるのかな?
なにしろ、北海道では、ほぼ例の爆走シーケンス練だったからな~~爆。

姉「来月の近畿ブロックで1度走ります。。。。(小声)」
に苦笑いのU人先生でした。。。。汗汗

最後になりましたが、主催者の皆様、参加された皆様、そして先生、大変お世話になりました。
徳島遠征後のセミナーで皆様お疲れだったかと思います。
本当にありがとうございました。感謝!!!

by shurion | 2006-11-21 22:59 | アジリティ
line

いらっしゃいませ♪ コーギー2頭+オーストラリアンキャトルドッグ1頭と暮らす日々つれづれ


by shurion
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31