羽琉の通院日(覚え書き)

3月27日
羽琉の通院記録。
「CRPはもう大丈夫でしょう。」とのことだったが、念のため調べてもらった。
CRP・・・0.2!!!!やった~~!や~~っと正常値!

好酸球は先週の19%から7%に減少していた。といってもステロイドで下がるのは当たり前なんじゃ?
正常値は3%だからあと少し?
しかし、問題の軟便は改善されず、あまりに長期化しているので、よほど炎症がひどいのではないか?という見立てだった。ステロイド飲み薬を1週間追加。

ステロイドの副作用としては「肝炎」があるわけだが、羽琉が処方してもらっている量なら問題ないとのこと。
ごくまれに、この量でも肝炎を起こす犬もいるらしい。
先月(おそらく)急性肝炎を発症している羽琉なので、念のため、ALTも測定、問題なし。

ここの病院では、好酸球などの数値は、機械に頼らず実際に数える(?)方法(←そのためのキッドを輸入してるんだって)をとっているらしい。機械から出る数字って、意外と信用ならないらしい。

血液検査結果(単位省略、3月27日夜、空腹時)
HCT・・・52
WBC・・・8.0
EOS・・・0.56(7%)
PLT・・・214
ALT・・・89
CRP・・・0.2

急性肝炎について、少し詳しいお話をうかがった。
そして、院長先生がふと本音を漏らされた。

(自分はその時診ていないから、断言はできないし、前の先生にも失礼になるから、あまり言わないけど)
「その時の検査の数値が本当に正しいならば、その治療でよく助かったと思います。かなり危なかったと思うよ」


いずれにせよ、元気になって本当によかった。
何を信用するかは、飼い主次第だから、動物病院の選び方ってほんとに難しいし、悩むところ。
獣医さんだって、病気によっても得手不得手もあるだろうし。
羽琉が2月に急変し、レプトスピラの診断が出た病院は、そもそもかかりつけではなく(かかりつけの先生は海外行ってて不在だった><)、それでも一生懸命治療にあたってくださったので感謝はしているが、やはり「誤診ではなかったのか?レプトの診断で1週間毎日抗生剤注射2本、あれは必要だったのか?その後2週間分処方された抗生剤が羽琉に合わないんじゃ?と私が思った時、電話で何度も聞いたのに、なぜすぐに止めるように指示してくれなかったのか?」
などと、やっぱり思ってしまう。薬は顔が腫れた時点でようやく停止だった。
体に傷が出たり顔が腫れたり、羽琉がサインを出してくれて、今ではほんとに良かったと思う。

ちょっと素人の愚痴でした。ゴメンナサイ>< お医者さんって大変だ~(;^ω^)

ウルコスはというと「ワンコの居るお宅を覗き」という悪趣味をぼちぼち再開(;´∀`)
後ろ足も無事復活!よかったね!(写真は焦げる前に撮ったものなので焦げ痕なし^^)
d0081541_18594322.jpg

d0081541_190289.jpg

ぽちっと応援よろしくです
にほんブログ村 犬ブログ その他珍しい犬へ
ありがとうございます


by shurion | 2012-03-28 23:06 | ヘルスケア
line

いらっしゃいませ♪ コーギー2頭+オーストラリアンキャトルドッグ1頭と暮らす日々つれづれ


by shurion
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30