梨音の術前検査と思わぬハプニング

8月13日(土)梨音の術前検査だった。

7月末に乳腺腫瘍が見つかって以来、手術をするにあたって色々と葛藤もあった。
こんなに元気でピンピンしてるのにほんとに手術しなきゃいけないのかとか、脂肪腫の可能性はないのかとか(私だってわきの下に十数年コリコリがあるけど大丈夫やし)、脂肪腫でも悪性の場合もあるし~とか・・・。

そんな折、先日発見したシコリよりさらに小さいゴマ粒のようなシコリを反対側の乳腺に新たに発見。
やっぱりシコリは乳腺にあるわけで、外科手術が一番ってことで納得。


術前検査は、朝ごはん抜きでお昼頃に病院に預け、エコー検査・レントゲンなどをしてもらう。

賢い梨音は玄関から元気に飛び出したものの「なんか違うかも・・・」と察しているように見えた。
頑張ってね、梨音。

d0081541_1513744.jpg


夕方お迎えに行った。
検査の話を聞くのも長くなるやろから、朝ごはん抜きの梨音にフード&消化酵素&ヤギミーを持参。

レントゲン(2枚)とエコー画像(約20枚)を照らし合わせて、丁寧な説明を聞いた。

えーっと・・・その後に衝撃的なことがあったのであまり覚えてないのだが・・・

どの臓器も8歳という年齢のわりにはキレイで、ほぼ問題ないとのこと。

気になる点は、心臓の収縮力が弱くエコー検査での数値も29.4。正常値は30以上なので、まだ治療が必要な段階ではないが、コーギーだと35くらいのコも多いらしく、経過観察が必要。
ちなみに、さらに数値が下がると「拡張性心筋症」の疑いとなる。。。
激しい運動、大丈夫なのか?
とりあえず、運動後に舌の色などをよく確認するようにとのこと。

あと、脾臓(ひぞう)がとても大きいらしい。。。
もともと大きいのか、何か原因があって腫れているのかは不明。
たしかに6月に撮った朱里のレントゲンの画像と比べると梨音の脾臓はかなり大きかった。
脾臓についてはこちら参照→http://www.petjpr.com/column/news-bin/Detail.cgi?rgst=00000605&CatgM=15
ほんと、調べれば調べるほど、いろいろ怖い。

さて、梨音のお腹はエコー検査でつるんつるん。

d0081541_17364165.jpg

赤いが先に発見したシコリ、青いが最近みつけた米粒シコリ。
朝預けるときに、新たなシコリのことは言わなかったんだけど、素人が見つけるものをプロが見逃すはずはないのねぇ。。。ちゃんと見つけてもらってた、ヨカッタ。

で、説明の途中、持参したフードを食べさせようとすると

「検査終了後(14時頃)にご飯も全部食べましたよ^^」

は?

勝手に食べさせたの??梨音に?何を???


サイエンスダイエットシニア用とやらを・・・食べさせたらしい。。。。


朝抜きとはいえ、まさか食べさせるなんて思わなかったし、聞いてないし><唖然
せめて預ける時に確認してほしかった。

ましてや、年明けからずっとお腹の調子が悪い時期があって、色々とフードを変えたりサプリを与えたり、今もこの病院から処方してもらっている消化酵素を毎食飲ませたりして、梨音の口に入るものにはかなり神経質になっていた。
そして手術前だから下痢もさせたくないし、ここ1週間はとても神経を使っていたのに。
最近いつも口輪をつけているのだって、草や芝生を食べさせないようにするため。

そんな経緯は知っているはずなのに

なんで食べさせたん??>< しかも病院が。


このとき、すごく不信感を抱いたのだが、獣医さんも謝ってくれたし、検査の説明を聞くことに気をとられていたのもあって、なんとなく釈然としない気持ちで帰宅。


夜の散歩で、案の定、梨音下痢、血便。

そんな梨音見ていたら悔しくてたまらなくなった。なんでこうなるんよ。

そりゃね、確認しなかった私も悪いかもしれんけど。(←最初たかちゃんは私を責めたのでさらに悲しくなった)

「そんなことで」と思われるかもしれないけど、10年近く診てもらい引越後も少し遠いけどわざわざ通っている信頼している病院で、そういうことが起こったことはショックだったし、このまま釈然としない気持ちのまま、梨音の手術をお願いする気持ちにはどうしてもなれなかった。

ほんと、一時は病院を変えることも考えた。
とはいえ、これから病院を探し初めて行く病院で梨音の命を預けられるかと言われたら、それはそれで不安。

翌朝、納得いくまで獣医さんと話をしてみようと思い電話。


何度も申し訳なかったと謝ってくれはったけど・・・。
予想とおり、病院では検査後に日常的にフードを与えているらしく、特にアレルギーがあるコや「これしか絶対食べられないコ」以外には、与えているとのこと。
梨音については「そこまでの認識がなかったのでごめんなさい」という回答だった。
うーん。。。消化酵素もらってるんだけどなぁ。。。
あと引っかかったのが「朝も抜いてきてお迎えも夜になるので可哀想だからあげてる」と。

私は犬が半日絶食することを可哀想だとは思わないし・・・
N母いわく「『可哀想だから食べさせる』って近所のおばさんレベルじゃない?」 確かに。
そんな言葉が獣医さんの口から出るのがなんか不思議だった。
健康なコでも、いきなり全量違うフードを食べれば下痢を起こすことも多いだろうし、そっちの方がよほど可哀想。口に入るものは命に関わること・・・そう思う私は神経質すぎるのかな。

これ以上議論しても仕方ないし、結果的にはやはり手術をお願いすることにした。
フードの件に関しては今後こちらが気をつければ良いし、今回のこと以外ではずっと信頼して通ってきた病院だし、手術の腕も信用している。
何より、梨音にとって何が一番良いのかを考えたら、ずっと通っている病院で、今、手術してもらうのが最善だと思った。

そういうわけで、ちょっと愕然としたハプニングがありとても疲れた、精神的に。

3日後が手術。下痢が治まると良いのだけど。

ぽちっと応援よろしくお願いします
にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村


by shurion | 2011-08-13 23:28 | ヘルスケア
line

いらっしゃいませ♪ コーギー2頭+オーストラリアンキャトルドッグ1頭と暮らす日々つれづれ


by shurion
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31