2011年5月1日(日)大阪ブロックアジリティ競技会

6時半に会場到着。

2度が半分終わったら3度が始まるという変わった進行。3度が後だったので、これなら羽琉も出せば良かった~と思ったが、結果的に3度スモールAGと1度ラージAGの検分がドンピシャリに重なっていたので、申込まなくて良かった~~~。

3度AG、やはり難しく感じた。少し進むとトラップ、また進むとトラップという印象でとても走りきれる自信がなかった。シーソーのどちらを走るかを最後まで迷った。最終的にシーソー右を走り、下りで先行のパターンに決めた。前半で1度でも先行を入れると脳ミソ宇宙飛行中の梨音を覚醒できるかもという淡い期待も込めて。

スタート。①バーから、少し離れたところで首輪を外した途端、梨音が興奮ダッシュ。
「コラーッ!!」と一喝し仕切りなおせた。あーびっくりした。心拍数上がりすぎてコース飛びそうになるやん、梨音め。

オープニングはとにかくトラップ気にせずズバっと行くことに決めていた。今思えば梨音向きのオープニングだった。シーソーへのラインは迷うことはなく下りの先行も成功。レンガを跳んで膨らんだ梨音を絶叫で呼び戻し、WバーからAフレーム。ここで私はふっと力を抜いて「タッチ!」おぉ~~跳ばなかった。ここから最大のトラップであるハウス付きウォーク。割と手前から「梨音はウォーク狙ってる!」と確信できたので前へ走れた。また力を抜いて「タッチ!!」おぉ~おぉ~跳ばない!!!!タッチから奥ハウス、少々もたついたが成功。もうこの辺で期待値上昇噴火中、心拍数上昇。(めったに後半まで行けないハンドラーはこうなるのだ、笑)。ここまで来たら逃したくないCRへの執念が沸沸と。その割に「ハウス後のレンガ裏から」を一瞬忘れかけたが(笑)クリア、スラ入りOK!あとはタイヤからの180度と中抜きだ。少々オーバーランしても良い、成功させたい。ほんとは軸になって小回りさせたかったけど、慎重になり、確実に迎えてからハウスへ指示。直トンから出てくる梨音をバー越しに待ち絶叫。お願いっ!来て~~っ!!来た来た~~っ!そこからゴールへ猛ダッシュ!ラストのバーを跳びきった瞬間、とても気持ちよかった!思わず「よっしゃ~~っ!!」と叫んじゃったよ、ガラわるっ、笑。
d0081541_1911265.jpg

結果は2席を頂いた。ブロックで2席!ヮ(゚д゚)ォ!



3度に上がって数年。もう表彰台は無いかもと半ば諦めていたのに先月の九州ブロックに引き続き良い結果を出せて本当に嬉しい。1席はペコちゃんだった。超小回りなペコちゃんと0.5秒差。僅か0.5秒でもアジでは大きなタイム差となるが0.5秒なら・・・「黒トンへ思いきりよく入れてたら・・・」とか「タイヤからの180度旋回を逆手でタイトに、中抜きをもっとタイトに回せてたら・・・」とか、欲も出るが、今日の走りは今の私と梨音には満点に近かったと思う。ビデオを見るまでの激しい妄想かもしれん、笑。
d0081541_19123553.jpg

「良くなりましたねぇ」「最近調子良いですね」と声をかけられるので「良いのは九州と今回だけですよ」(←事実)と言うと、皆さん口を揃えてこう言う。
「いや~~、前の(ダメっぷり)を知ってるから。。。。」(;^ω^)

ほんで、JPはどうかというと、これまた眩暈がしそうなコースを、最速1ドボン。
ちゃんといつも通り待たせればよかった、変なスタートをさせて梨音とのルールを破ったのは私だ、それなのに思わず梨音を叱ってしまった、ごめんね梨音。眩暈コース、もう少し走りたかったね。
d0081541_19145672.jpg

今日の結果で…もしかしてもしかすると、梨音の最終目標に到達できるかもしれない。甘いかな?
写真はすべてじゅん父、感謝!

ぽちっと応援お願いします→にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ(´▽`)アリガト!です


by shurion | 2011-05-01 18:56 | アジリティ(競技会)
line

いらっしゃいませ♪ コーギー2頭+オーストラリアンキャトルドッグ1頭と暮らす日々つれづれ


by shurion
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31