FCI東日本アジリティ競技会(動画アリ)

勝負前に髪を切るのはやめよう、うん、そうしよう。。。。。


そういう問題ではナイヾ(;´▽`A``

3度は午後から。スモールはAGから。
素直なコースだなぁと、全体的にそんな印象。コースは進藤先生。

DWのどちら側を走るかをFlapてんてーに電話で相談(^。^;)
障害の配置を電話で説明するのは難しい。

「あのね、てんてー。アルファベットの小文字のbを想像して~」

「はいはい」

「ほんで丸いところをまっすぐ下に移動して~。棒がウォークで進行方向は上からね~、曲線がハウスで、下側からやねん」

「はぁ??」

なんの会話ですか?それ、笑。
どうやら伝わったようで、無事アドバイスをいただけた^^

スタートは良し。(梨音、一瞬フライングしかけたけど、思いとどまった模様、笑)
しかし思わぬところでミス><
4番スラロームを2本目から、泣。やり直しも2本目から、泣泣。
早々に拒絶2っちゅうことで、あとは何の緊張もなく検分通りの動きはできたけれど・・・・
その後もAフレとられるわ、バーは落ちるわ、タイム減点つくわ・・・・のズタボロの結果。
しかし本人、「ふだん滅多にゴールしない」ので、完走できただけにダメージ少なめ(;^_^A

3番バー→4番スラローム。おそらくほとんど誰も失敗しなかった配置。検分時に3番の配置がちょっと嫌だなぁと思って、②ハウスから出てきた梨音を一度引いて、③バーを外側に飛ばせてスラにエントリーしやすいようにしてやったつもりが・・・・アダとなった。またしても大きなお世話(‥;)

しかしAフレノータッチはいただけない。。。。先日のオプでもAフレ跳んでたし・・・
つい最近まで「DWは危ないがAフレは大丈夫」だったのに、また逆の現象に><
ややこしい電話をしてアドバイスを頂戴した箇所(DW後の奥からハウス)は、意外にもすんなり、笑。(でも電話する前は逆側を走る予定だったので、やっぱりてんてーのおかげなのだ)

結果は46席、完走した中でブービー賞だ、笑。これだけの減点は初体験かも。
ごめんよぉ、梨音。しかもゴール直後に怪我をしていない方の足を踏んでいる。
重ね重ね、ごめん、梨音><

AG3度 減点-20.7(バー落下1、Aフレノータッチ、スラ拒絶2、タイム減点0.7)
席次:46席  タイム:48.70秒  旋回スピード3.49m/秒
スモールクラス完走率73% PR率28% 出走数:64頭



WindowsMediaPlayer再生はコチラ→http://shurion-room.com/20100626ag3.wmv

隣のリンクで同時進行のJP3度。失格が相次ぎ、進行が速い。
「行けども行けどもハウストラップが続くスピードコース」といった印象。
ひとつひとつのシーケンスはできるけど、イメージがつながらなかった。コース図からは読み取りにくいトラップも目立った。コース図はU人先生ブログのコチラにて。

オープニングの処理は悩んだ結果、大冒険をすることにした。
「①②間で受け止めて③をオーバー」←これ、普通。常識。
ただでさえもオープニングで失敗の多いハンドラーが、なぜこの期に及んで大冒険をしようなどと無謀なことを思いつくのだろうか。。。。
急にやってみたくなったのよ。習得したての「順手でバック♪」
自信満々、80%できると思ったんよねー。失敗してもタイムロスするくらいだと思ったんよねー(^。^;)

結果は、わんつーどぼ~~~ん。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。

中部ブロック以来の「梨音健在!」であった。
いや、梨音は悪くなかった。
できると思ったハンドリングだったけど・・・ビデオを見て、相当落ち込む><
「そりゃあかんわ」な立ち位置の上、またもケツで押してるし・・・。
あの立ち位置じゃ、たとえ練習でも成功しないと思われる。
「順手でバック♪」は手前のバーから一緒に行かなきゃいけないのよ~前に出すぎたらダメ~梨音と離れすぎたらダメ~!の教えも、走り終わってから思い出した。(身についてないなら使うなっちゅーねん)

スカイパパさん「アレをやったのは梨音だけやったねヾ(^▽^*)」
あは、あはは、できると思ったんですけどね~失敗。あはは~~。
ある子さん「なつきちゃんならアレでも出来たんじゃないかしら」
ぶは~~っΨ( ̄∇ ̄)Ψ
あとで、なつきお姉さまに聞いたところ「なつきでもスタートでは使わん」っちゅーことでしたわ(^^;;

JP3度 失格 スモールクラスPR率6% 完走率60%ちなみにラージクラスのPRは1頭でした(⌒▽⌒;)


WindowsMediaPlayer再生はコチラ→http://shurion-room.com/20100626jp3.wmv


久々にちょっくら凹みました><
傷がまだ治っていない梨音に不自由な思いをさせてまで(移動中バリケンでずっとエリカラつけてました)こんなところまで連れてきたというのに・・・梨音の顔を見ていると、自分の不甲斐なさに泣きそうでした。

しかしながら何度もこういう経験をすると「落ち込んだ後の復活力」も身につけているらしく、
翌朝にはスッキリ~!また頑張ろう!!なのでした。

今回早く立ち直れたのは、この日、親戚のお家にお世話になったからかもしれません。
なんと、会場から15キロほどのところに、伯母(母の姉)が住んでおりまして、
去年の4月にOPDES秋が瀬の際もお世話になったのだけど、今回も泊まらせてもらうことに。

伯父が去年他界したので、伯母は一人暮らし。母とはだいぶ年が離れていて、今年77歳。
すぐ近くに息子(私の従兄弟)家族が住んでいて、この従兄弟の兄ちゃんと私もずいぶん年が離れているので小さい頃から可愛がってもらっていました。
といっても、鳥取⇔埼玉 と遠方だったので、滅多に会うこともなかったのに、なぜか今となって、私が気軽に電話したり急に泊まらせてもらったりできる親戚はこの家族だけです。ふしぎ。
伯母といろんな話ができて楽しかったです。
そして、なにげない従兄弟の兄ちゃんの一言
「仕事は結果を出せと言われるけど・・・仕事じゃないんだから!大事なのはプロセス!」
凹みぎみの私には心に沁みました。
往復14時間かけて、競技が5秒で終わったことに関しては
「14時間も梨音とずっと一緒に居れるんだから楽しいじゃねーかっ!」

なるほど~。そ~よね。

と、その時は、と~っても納得したんですけど・・・・

翌日の帰り道。。。。

「この14時間って・・・・梨音ひたすらバリケンで熟睡、あたしひたすら運転やん。。。。タノシクナイ」

と、つぶやきながら、600キロ。無事に帰ってきましたとさ(〃´o`)=3

ポチッ→ にほんブログ村 犬ブログ ドッグスポーツへ
にほんブログ村←ありがとです


by shurion | 2010-06-29 22:31 | アジリティ(競技会)
line

いらっしゃいませ♪ コーギー2頭+オーストラリアンキャトルドッグ1頭と暮らす日々つれづれ


by shurion
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31